〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【69キャデ】 キャデラック整備強化月間。ブレーキ整備

<<   作成日時 : 2017/06/12 14:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2017年6月10-11日
キャデラックの車検が近づいてきました。
今まで毎回ギリギリになって整備してましたが、今回は早目に点検を開始して、しっかり整備しようと思います。


点検整備記録簿を用意して作業開始。


数年間、軽い点検だけだったブレーキ。
今回はしっかり整備しようと思います。
右前ブレーキから作業開始です。


キャリパーを外しました。まあ、こんなもんかなー。


ブレーキのボルトとガイドブッシュ。これもちゃんとメンテします。


ブレーキパッドは買ってあるんだけど、まだ残ってるしそのまま使います。


右前のブレーキホース。かなり前に交換を試みたんだけど、フレアナットが外れなくて断念したんだよねー。今回、頑張って外しました。


無事に新しいブレーキホースに交換です。
っていうか、自分でも写真の少なさに衝撃。ほとんど撮れなかった(笑)


土曜日はいろいろ確認しながら作業したんだけど、写真や動画があまり撮れなかったので、日曜日はその経験を踏まえて作業します。

左前ブレーキを整備します。


普通のジャッキで車を持ち上げたままの作業は超危険です。
リジッドジャッキで車体を支えて作業しますよ。


作業中に車体がジャッキから外れて落ちたら死にます。そこで、空間を確保するために外したホイールを車体の下に置いておきます。


それではブレーキ整備に取り掛かります。
外したホイールナットをボルトに付けておくと、ボルトのねじ山保護になるし、作業中に怪我もしにくいです。


ブレーキホースのフレアナットを緩めます。


ホースが外れたら、ブレーキフルードが垂れてくるので、ワンマンブリーダーをぶっ挿しておきます。


キャリパーが外れました。外しにくいので、バールのようなものを使って外しました。
いやいや、それバールやん。


キャリパーが外れた状態。


ボルトとスライドブッシュ。


スライドする部分を良く磨いて、シリコングリスを薄く塗布します。


キャリパーも掃除。
ホントはピストンを抜いて、徹底的に掃除すべきなんだろうけど、シールキットを用意してなかった。
まあ、手配しておこう。


パッドの残りはまだまだあります。
無くなったら手前の金具がディスクに当たってキーキー音が鳴るので、交換するのはその時です。


ブレーキブリーダープラグ。死んでるので交換。


ピストンとシールにシリコングリスを薄く塗ります。


Cクランプでピストンを押し込みます。


入りました。


スライドする部分のラバーシールにシリコングリスを塗布


取付けてエア抜きして終了!


いやいや、終了じゃないよ。
マスタシリンダーのリザーバーにフルードを足して終了です。


やっぱり、最後の方の写真が無い。でも動画は撮ってます。
あとで、作業動画をアップします。
写真だけだと、サラーっと作業したような雰囲気になっちゃうね。
動画は逆に、手際の悪さが際立つなー。


日曜日は、ブレーキ以外にも作業してます。
記事が長くなったので、次の日記で紹介します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがデカイ車だけあってブレーキ部品もゴツイですね。
キャリパーの薄っすら錆コーティングに対して、ピストン回りの黒々したゴムやメッキのコントラストが、要所要所きちんと整備の行き届いた車という印象を醸し出してる気がします。
ひらぽん
URL
2017/06/13 10:30
ひらぽんさん、こんにちは。
重い巨体をこのブレーキで止めるので、ごついですねー。
ピストンの大きいこと!

ゴムにおまじないのようにシリコングリスを塗りました。
ホントはオーバーホールしたいんですが、下手にいじって不動になるより、簡易整備を選びました。
ピストンを押し込んだ後、車体に取り付けて油圧で押し出したんですが、シリコングリスが残ってるので、もう一度外して拭き掃除する予定です。そのままだと砂埃が付着しちゃうので・・・・
58Caddy
2017/06/13 11:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【69キャデ】 キャデラック整備強化月間。ブレーキ整備 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる