〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ボルト折れ対策の準備

<<   作成日時 : 2017/04/11 22:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ドゥカティモンスターのバルブカバーのボルトが折れた件


溶接とかあの手この手で無理にボルトを取ろうとしても、ねじ山のあるヘッド側へダメージを与えてしまう可能性もあり、そういう意味ではドリルでボルトを掘っちゃって、ねじ山をヘリサート加工で作り直すのが一番作業が楽で確実かなー。

ということで、ヘリサート加工の道具を手配しました。
ヘリサート用タップ、ヘリサート挿入具、タング折り棒です。


コイツがヘリサート。
内側のねじ山がボルトと同じサイズ。
外側のねじ山とタップが同じサイズです。


タップを立ててヘリサートを挿入する部分は大丈夫なんだけど、やっぱり一番の問題は折れたボルトの「どまん中」に穴を開けられるかどうか?にかかってます。

細いドリルで掘る→バーナーで炙る→ラストブリザードで急速冷却&潤滑→ドリルを少し太くして掘る→バーナーで・・・・・
という感じで進めてる途中でボルト取れてくれないかなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボルト折れ対策の準備 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる