〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ドゥカティのタイミングベルト交換。その2

<<   作成日時 : 2017/04/01 22:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

4月1日だけど、ウソ日記じゃないよ。

先週、ベルト違いとか、テンショナーが取れなかったとかで延期した、ドゥカティモンスターのタイミングベルト交換。
準備が整ったので、午前中からがんばってやっちゃいますよ。


慣れたもんで、エアクリーナーと電装系をササッと外して、邪魔なワイヤハーネスを避けます。


カバーを開けて、前バンクのベルトを外しました。


問題の後ろバンクのテンショナーのボルト。
全く回らなくて、角を舐めちゃってます。


どうやって取るか?
ボルトの頭をハンマーで叩いて舐めた角を修正します。
キツ目に修正するのがコツ。


叩く→舐める→叩く→舐めるって感じで、何度かトライしてやっと取れました。


ちなみに、こんな装備で取れました。
愛用のブレーカーバー。今日も大活躍。


ということで、無事にベルトが取れました。


次は、テンショナーベアリングの交換です。
10トン油圧プレス機を使います。ほんとコレ便利。
ところで24mmのクローフット、何に使う?


こうやって治具にしました。コの字の何かが無いと、抜けません。


プレス機が無いと抜けなかったです。むちゃくちゃ固かった。


新しいベアリングはNTN製。


これもプレス機で圧入します。
内輪だけを押して圧入しないと、ベアリングがダメになって、交換する意味無いですよ。


無事に入りました。新しいベアリングはいいねー。


バルブタイミングがずれないよう、新しいベルトに印をつけてから、プーリーにはめます。


最初とは見違えるようだ!テンション上がります。


前バンクも完了。
ベルトテンション調整は、スマホアプリでギターチューナーをダウンロードして使いました。周波数が出るのでわかりやすい。
ホントに微妙な調整で周波数が変わるので、なかなか難しかった。


最後にテンショナーベアリングのボルトを規定トルクで締め付けて完了。


懸案が一つ片付きました。


上死点を出したついでに、やってみたかった作業をやってみた。
バルブカバーを開けました。


シックネスゲージです。


バルブクリアランスを測ってみたかったんですよ。


調整は厚さの違うシムを買わないとダメなので、週末メカニックには辛いなぁ。


前バンクのバルブカバーと横のカバーのボルトが錆びてカッコ悪かったので、ついでに交換。横のカバーはホントは外して塗装したいけど、それはまた後で。


後ろバンクの横のカバーのボルトも交換しました。


外したボルトは頭だけ錆びてて、ネジ部は全く問題ないです。


とまあ、こんな感じの作業でした。
作業風景と作業後の試走の動画を撮影したので、そのうちアップします。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
無事ボルト外れましたか!
ブレーカーバーで一気にガツンとやればたいていどうにかなるものの、あのナメた時の『ヌルッ』とした何とも言えないいやな感触ってのもありますよね。
以前縦目ベンツのクランクプーリーボルトが緩まなかった時の最終兵器はポンチでした、同じく六角ボルトの頭の部分を反時計回りに回すようポンチを当ててはカツンとハンマーで叩いて・・・って記憶があります。ま、結局外したのは知り合いのバイク屋さんですが、あんなので効果あるのか?半信半疑でしたが、実際緩んだので感心してしまいました。
いよいよ全開走行可能ですね!
ひらぽん
URL
2017/04/03 13:42
ひらぽんさん、こんにちは。
久々に強敵が登場という感じでした(笑)
ボルトの六角穴が変形していくヌルッとした感じは嫌ですね。
逆に、カキンッって外れた時の気持ちよさ!

次の手段としては、タガネを使って反時計回りに叩くのを予定してました。
まあ、ポンチと同じですね。

実は土曜日の作業中、バルブカバーのボルトが1本どうしても外れなかったので、深追いせず様子見でキープしてあります。なかなか先へ進めません。

走行動画をアップした。状態を見るために、一応ある程度回してます。
あとで調べたら、レッドゾーンは11,000rpm、最高出力は10,500rpmだそうです。
キャブのセッティングを出しながらもっと回してみようと思います。
58Caddy
2017/04/03 14:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドゥカティのタイミングベルト交換。その2 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる