〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS スロットルワイヤーのメンテナンス

<<   作成日時 : 2017/01/21 23:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月21日
久々にバイクいじりです。
先週の土曜日は淡路島へ無理やり釣りに行って、強風で釣りにならず速攻で撤収したり、日曜日は積雪で寒かったとか、まあいろいろありました。

今週も寒いけど、出来ることをやっていきましょう。

というわけで、スロットルホルダーとワイヤーをバイクから外してきました。
しかし、ワイヤーの金具の錆がひどいねー。これって恐らく社外品のハイスロキットに付属のワイヤーなんですが、クロムメッキの品質がダメダメです。
あとで、錆を紙やすりで削ってから、防錆塗料で塗装しようと思います。


ホルダーの中も清掃が必要です。
激しく汚れてるわけじゃないけどね。


ワイヤーインジェクターを使って、ホースの内部の清掃とグリスアップがメインの作業。


インジェクターを使うと、反対側からホースの内部の汚れが出てきますが、思ったほど汚れてなかったし、ワイヤーの状態も悪く無さそうです。
そして、ワイヤーの動きが、清掃前に比べるととてもスムースになりました。
これは、やる価値ありますねー。


状況があまりにも悪ければワイヤーを交換しようと思ってましたが、その必要は無さそうです。
錆びてるところは、塗装で対応しましょう。艶消し黒にしようかなー。

さて、クラッチマスターの折れたネジとは、依然として格闘中です。
前回 φ2.5mmのドリルで掘ったのですが、今回はφ3.0mmとφ3.2mmのドリルで掘りました。
それでも取れないし、本体の方も削れてきました。もう無理かなー。


もうちょっと悪あがきしてみようと思います。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず凄まじい錆具合で・・・ウチのベンツも良い勝負かも?ってコッチは自分より年上の68年式ですし仕方ないかな!?
マスターシリンダーはココまで掘れたら何とかなりそうなですけどねぇ〜。。。
ひらぽん
URL
2017/01/23 23:19
ひらぽんさん、こんにちは。
ワイヤーの金具は社外ハイスロキットに付属品で、薄薄めっきです。
社外品のクロームめっきは、これに限らずどれもすぐ錆びますね。
ハイスロキットのオプションで、ステンレス金具のワイヤーがありますが、あいにく別売りなんですねー。
最初キットで購入して、1年で錆び錆び→ステンレス金具のワイヤーに交換。というビジネスモデルなんだと思います。最初からステンレス金具を標準にしちゃうと、交換してもらえませんからねー。

マスターシリンダー、ここまで掘ったら取れそうなもんですが、取れませんねー。
ヤフオクで中古品も考慮に入れつつ、炙ったり急冷させたりして悪あがきしようと思ってます。
58Caddy
2017/01/24 09:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スロットルワイヤーのメンテナンス 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる