〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ドゥカティ】 ホイールベアリング交換。

<<   作成日時 : 2017/01/08 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月7日。
朝、佐川急便がベアリングを持ってきたので、午前中から作業を開始しました。


14mmのヘキサゴンレンチも届いた。でかい!


これが6204ベアリング。


じゃ、早速ベアリング交換するの?
いやいや、ステム周辺がすっきりしているので、他にもいろいろやるチャンスです。
クラッチのホースを外します。


ブレーキとクラッチ。


一応キャップをしておきます。


でも我慢できなくなり、仮組みしてみた。
これで、サビサビのバンジョーともお別れです。


イグニションキーのボルトを新品に交換。


ヘッドライトブラケットのボルトも新品に。(昨日折れたやつね)
U字のパイプになってるんだけど、昨日外したとき、中から水が出てきたよ。


超サビサビだったウインカーのボルトも、新品に交換。


とまあ、細かいことをいろいろやってから、ベアリング交換に着手します。
早速14mmのヘキサゴンを使ってアクスルシャフトを外した。


貫通ドライバーでディスタンスカラーを叩く。


ベアリングが浮いてきた。
しかし、これ以上貫通ドライバーで頑張ってもだめだったので、ベアリングプーラーを使って抜いた。
ちゃんとベアリングがひっかかる隙間があると、問題なく使えました。
抜く様子の動画を撮ったので、あとでアップします。


抜いたら、新しいベアリングを挿入します。
新しいベアリングに抜いたベアリングを当てて、さらにベアリングの外輪だけを叩くドーナツ状の治具を当てて叩きます。
ちょうどいいプーリーがあったので、それを使いました。


叩く様子はこんな感じです。
向こうに見えるのがベアリングプーラー。


両側挿入したら、車体に取付て確認。
クルクル回りますねー。


ベアリング交換作業の動画です。
ホイールを外すところから、ベアリングを抜いて叩き入れるまでの一連の作業動画なので37分と長くなってしまいました。



そしたら、またまた細かい作業。
六角穴付きトラスボルト。フロントフェンダーを固定する化粧ボルトです。
汎用品を探してもなかなか見つからないので、錆びを落として使います。


ワイヤーブラシでゴシゴシ。


左が施行前のボルト。右が錆を落としたボルト。


錆を落としたらシルバーのジンクリッチで塗装します。


取付けたらこんな感じ。
サビサビだったので見違えるようにきれいになりました。


その他、ワイヤハーネスがフレームにタイラップで固定されてるんだけど、タイラップを全部切って、フレームとハーネスの表面を掃除したりした。

以前から、左側のフレーム塗装が変だなーと思ってたんですが、左側だけ誰かが塗装したようです。状態が悪かったから塗装したんだと思いますが、ハーネスにも塗料が付いてたり、残念な感じ。しかも塗った塗装がひび割れてるし。
まあ誰かが塗装してなければ、悪い状態がもっと進んだ可能性もあるし、別にいいんだけど。

そんなわけで、再塗装したいなー。ウレタンで塗りたいなー。
ガチでやろうと思ったら、フレームからエンジン外さないといけません。
長期課題だなー。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ドゥカティ】 ホイールベアリング交換。 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる