〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ジャイロUP】 シリンダ・ピストン整備

<<   作成日時 : 2016/06/25 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ今日はエンジンを開けて、シリンダーとピストンの状態を確認します。
エンジンのシリンダー締め付けトルクはとても大事なので、トルクレンチも待機します。


そして、エンジンの清掃の続きです。かなり綺麗になりました。


開けました。すごいカーボンです。


カーボンの層が分厚いですね〜。
ガスケットの形状がおかしいなぁ。ボルトの穴が長穴だし、無理やり他のエンジンのガスケットを取付けたような雰囲気です。


シリンダー内部とピストン。シリンダーはきれいですが、ピストンの上にもカーボンがびっしり。
ガスケットが変な形状だったので、ガスケットの形に添ってカーボンが溜まってます。


シリンダーを抜いた。ピストンの横には特に傷などはありません。


まずヘッドをきれいにしてみた。


コンロッドからピストンを外して、ピストンピンとベアリングの状態を確認。


しかし、このカーボン。すごいなぁ・・・・


綺麗になりました。


シリンダーをホーニングします。


一応クロスハッチっぽいのが付いた。


あとは逆に組んでいく。


ボルトも新品に交換しました。プラグはBR6HSAをとりあえず挿した。


そしてなんとかここまで組んで終了。


一応エンジンが形になりました。


フレームの塗装が出来なかったので、エンジンはまだ載せられません。
それに、ドライブフェースが届いたので、駆動系をもう一度あけて交換したりとか、微妙にエンジンの作業が残ってたりします。

まあ、予定を全部こなせなかったけど、楽しめたしエンジンも組み上がったのでビールがうまかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ジャイロUP】 シリンダ・ピストン整備 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる