〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ジャイロUP】 マフラーの腐ったナット外し

<<   作成日時 : 2016/06/18 23:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週、マフラーのナットが外せず途方に暮れてしまったのですが、プロの方に相談したところ
「酸素で真っ赤になるまで熱してからバイスプライヤーで取る。市販のバーナーでもかんばればいけるかもしれないが、試したことはない」
「でもこのぐらいなら地味にラスペネ塗りながら外せそう」
とのアドバイスをいただき、週末に備えて準備しました。
ガスバーナーとナット外しソケット。
それとホンダ純正フライホイールプーラー。


ナット外しソケット。ナットに食い込んで無理やり外すソケットなんですが、「コレじゃない感」がハンパない。ナットツイスターを想像してたんだけど、まあ試してみよう。


あとは、バイスプライヤーとパイプレンチ。


それから、以前エアロバイクのペダル交換のために購入したレンチ。
舐めたナットも外せるサイズを問わない万能タイプ。


これだけ準備すれば何とかなるだろうと期待しつつ、バーナーであぶってみる。
そして、エキパイが崩壊しだした。


結局、どの工具を使っても舐めまくった。どうすんの、これ。


でも、バーナーであぶってラスペネ、バイスプライヤーでエイッを繰り返したら外れた!


でも反対側は工具を振ることができずどうにもならんので「どうせ溶接で穴を塞ぐんだし、あとで繋ごう」と思って切っちゃった。


パイプを切ったらエンジンから離せるので、あとは自由自在。


と思ったものの、結局ナットがどんどん削れるだけで、外れる気配無し。しまいには1個小さい8mmのナット外しも舐めて、バイスプライヤーでも削れるだけ。
あきらめてナットごとぶった切った。


しかし、エキパイが痩せちゃってどうしようもない。まあ、鉄板当てて溶接でふさごう。


マフラー本体はパイプフィニッシュでカーボン除去中。


一晩置いて(もしかしたら1週間?)どんな液体が出てくるか楽しみです。
土曜の作業はこれだけじゃありません。
続きは次の日記で!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ジャイロUP】 マフラーの腐ったナット外し 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる