〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【69キャデ】 ウォーターポンプとエアポンプ

<<   作成日時 : 2015/05/17 18:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1969年式キャデラックのウォーターポンプを交換しようかな?というプロジェクト。
ベルトドライブ付近から異音がしています。
ウォーターポンプを交換するには、ファン、オルタネータ、エアポンプなどを外す必要があります。ラジエターを外した方が作業そのものは楽になりますが、仕事が増えるので悩ましい。

まずは、ベルトドライブ付近を観察してみます。


あっ、ウォーターポンプじゃなくて、こっちか・・・・
なんとなく異音の原因がわかりました。


ということで、オルタネータを外しましょう。


エアポンプが丸見えに。


エアポンプは下から作業する必要があります。


赤丸で示したボルトを緩めなければなりませんが、ラチェットレンチが入る隙間が無く、スパナしか使えそうにありません。


工具は9/16インチなんですが、14mmでも代用できます。
それなら14mmのクローフットなら入るかな?スパナの場合は鉄パイプで延長して・・・・
なんてやってみたけどダメでした。


そしたら、14mmの長いレンチを持っていた!


長いレンチだと楽勝でした。


ベルトを外しました。


そう。ベルトがこんな感じでアカンのです。ベルトが滑ってました。
ベルトを交換したら異音も解消。


ということで、ウォーターポンプ交換は先送りです。
今回活躍した工具は、長いレンチとバールでした。


しかし、冷却系で気になることが・・・・・
クーラントが漏れているのです。でもウォーターポンプからは漏れて無さそうです。


いろいろ点検した結果発見。
ラジエターのドレーンコックが緩んでました。
増し締めして完了。


重作業の予定が、簡単な作業で片付いてしまった。よかった〜





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
比較的軽いメンテナンスで復旧して良かったです!
(古い車の重整備は、予定外が連発しそうで恐ろしいです。(笑))
ベルトはかなり摩耗していますね。
ロングのメガネレンチは便利ですね。今度見かけたら買いそうです!(笑)
Miya
2015/05/18 22:10
Miyaさん、こんにちは。
予定外で不動になるのが怖いので、作業の進め方はどうしても慎重になっちゃいますね。ウォポンはじっくり準備してから交換したいと思います。

ロングのメガネレンチとクローフットですが、過去の記事を振り返ったら、エキマニのガスケット交換の時、Miyaさんとアストロへ行って買ったものでした。
その時もロングメガネは大活躍しましたが、クローフットは使いものにならなかった。
その後もクローフットは使えるシーンが全くありません(笑)
58Caddy
2015/05/19 00:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【69キャデ】 ウォーターポンプとエアポンプ 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる