〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーザー車検レポート

<<   作成日時 : 2010/09/28 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 8

2010年9月27日
既に実況速報で報告済みですが、ノアのユーザー車検に行ってきました。

ユーザー車検を受ける場合、検査場の予約が必要です。ターゲットは27日か28日。
22日に予約状況を確認したところ、27日の午後以降ならOKでした。
午前中に予約をすると午前と午後に検査を受けることが出来るため人気があります。
今回は特に心配点も無いし、朝ゆっくり出来るし、銀行に行ってお金を下ろしたり、テスター屋さんにも行くので27日の午後で予約しました。

ということで、まずはテスター屋さんへGO
検査場の南側にある「神戸カーテスター」さんで、光軸とサイドスリップを見てもらいました。自賠責もここで買います。
画像

神戸カーテスターさんはものすごく親切で、継続検査の書類一式を用意してくれ、全部記入までしてくれました。
光軸は微妙に調整。サイドスリップは問題なしという結果でした。
1200円でした。(自賠責は除く)

シートベルト警告灯もバックル内のスイッチが壊れて点滅しなかったのですが、シート下のコネクタを外して短絡し点滅するようにしてもらいました。手馴れたもんです。完全に忘れていたので大感謝。

検査場でダメだったら「神戸カーテスター」さんで調整してもらうという方法もありますが、事前に見てもらう方が絶対お得だと思います。

書類も揃ってしまったので、あとは検査場の横の建物で検査手数料と重量税を払えば準備完了。

まだ午前中(11時20分ごろ)ですが、窓口へ行ってしまいます。
窓口で、「午後の予約ですけどいいですか?」と聞きましたが、問題無さそうでした。

ということで受付完了
画像


ノアは5ナンバーなので、小型車のラインに並びます。キャデラックは一番奥のトラック用のラインで検査を受けるので、このラインは初めてです。
画像


ラインの入り口で、灯火類やワイパーウォッシャーを検査。ホイールナットもコンコンたたいて緩んでないか検査されます。ボンネット内もブレーキフルードの量を見たりしてました。

前に並んでいた車が40代の女性だったのですが、検査員の指示通りに出来なくて無茶苦茶やってました。
ヘッドライトのハイローをパチパチ切り替えるよう指示されているのに、ウインカーや後退灯が点滅するので、怖かった。

最初にサイドスリップの検査があるのですが、その女性は信号が青になっても動かず、その後もブレーキや光軸の検査で無茶苦茶やってました。検査員が横に来て付きっ切りで指示・・・・
サイドブレーキの検査のときも、後退灯が光ったのでパーキングに入れたかも・・・思いっきり「X」をもらってました。
とにかく、いきなりバックしてきてぶつかられないか、ヒヤヒヤしました。

自分の検査は全く問題なしでしたよ。
画像

検査中に写真を撮る余裕までありました。
ちなみに、このコースはマルチテスターなので、
・スピードメーター
・ブレーキ
・光軸
をこの場所で検査できちゃいます。
前方の掲示板に指示が出るので、その指示に従って操作するだけです。
スピードメーターはパッシングでした。

その後、下回りと排ガス検査も問題なく、すべて合格!
画像


この、検査完了の書類を持って窓口に行けば、新しい車検証とステッカーをもらっておしまい。
画像


午前中で終わってしまい、ホントびっくりです。

勝因は、「神戸カーテスター」で全部書類を準備してくれたことだと思います。

車検にかかった費用

・自賠責保険の更新 :  22470円
・検査手数料印紙購入: 1700円
・重量税印紙購入   : 30000円
・神戸カーテスター  : 1200円
合計: 55370円

ということで、車検は無事に終了しました。

これを見て、ユーザー車検って安いし簡単そうだなぁ・・・と思ったアナタ。
私はユーザー車検をオススメしません。

ユーザー車検をオススメしない理由

・車検の目的は「納税」と「今現在の車両の状態を見ること」です。
・ディーラーの車検では、この人は普段点検しないから次の車検まで大丈夫な整備が必要と考えて「予防整備(過剰整備とも言う)」を実施します。
・ユーザー車検のみで点検を怠ると、次の車検までの間にブレーキが効かなくなったり、思わぬトラブルが発生し90%以上の確率で路上エンコします。最近、高速道路の路肩で故障車を良く見ますよね。
・日頃の点検の重要性を理解し実施することや、車の異常を察知する能力が要求されます。

メンテナンスフリーで2年間乗りたい人は、絶対ユーザー車検をしてはいけません。
それ以前に、メンテナンスフリーで2年間乗ってはいけません。それは間違いです。
必ず1年毎の定期点検と日頃のメンテナンス(オイル交換や空気圧チェックなど、ガソリンスタンドで出来るような内容)を実施してください。
時々ガソリンスタンドで見てもらうのは、あながち悪いものでは無いです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ユーザー車検、お疲れさまでした。
そして実況レポート、大変参考になります!
来年は勉強を兼ねて、サバーバンでユーザー車検に挑戦する予定です。
それにしても、前に並ばれていた方のエピソードは強烈ですね〜!
Miya
URL
2010/09/27 21:53
おお、すごく親切なテスター屋さんですね。

以前、ハロゲンからHIDに付け替えたとき、微妙に光軸が上を向いていたことに気が付き、手荒ですが自分で現物合わせで下向きに調整したことがあります。車検前夜でディーラーに出すまでの間に合わせだったのですが、検査はそのままでパスしてしまってなんだか嬉しかったです。

ちなみに・・・学生時代に自動車部に入って一通り車が動く原理とメンテ(エンジンとトランスミッションばらす以外、タイベル交換とかFF車のドラシャブーツ交換位でしたら今でもできます)のことは分かりましたが、それでもmarusukeは車検はディーラーには任せています。まあこちらの事情を話して2年メンテフリーの必要はないと言っていますし、それが理解してくれるところに出していますが。

このおばちゃんは一体なんだったんでしょう。。。日本のメーカーの努力のおかげ?あまり車が人を乗せて走る機械だということを分かっていない人が多い気がします。
marusuke
2010/09/28 05:36
Miyaさん、こんにちは。
今回はトントン拍子で進んだので、運がよかったです。
Miyaさんはユーザー車検で全く問題ないと思いますよ。
サバーバンで行く時、一緒に行きましょうか?
いずれにしろ、検査は一番左の6コースだと思います。
一番の問題はスピードメーターの精度だと思います。
GPSレーダー探知機やGPSロガーなどのGPS機器を使って速度を40km/hにあわせて走り、その時のメータを覚えておけば一発でOKになると思います。今度やってみましょう。
58Caddy
2010/09/28 10:57
marusukeさん、こんにちは。
光軸を検査ラインの手前で自分であわせてる人もいますよ。
marusukeさんの車検の方法が、本来あるべき姿だと思います。
いつの間にか車検は2年間メンテフリーのお墨付きのようになってしまってますね。
私の場合は、いらぬセールスが嫌でディーラーを使わないのですが・・・
おばちゃんは、テンパッただけと信じたいのですが、今までも人の話を聞かずに生きてきたのかなぁ・・・・と思いました。
検査ラインの出口で、今後の進め方をじっくり指導されてましたが、わかったのかなぁ・・・
58Caddy
2010/09/28 11:08
前に居るオバチャンはユーザー車検しない方が良いと思います。

受検は毎回テンパりますので、出来るだけ行きたくないのが本音。

実際行くと大した事無いんですけどね。。。
ひらぽん
URL
2010/09/28 16:26
ひらぽんさん、こんにちは。
ホントその通り。ユーザー車検絶対ダメです。
実は去年69キャデではスピードメーターの検査でテンパッったんです。自分でアクセル踏まないといけないのを忘れていた(笑)
今回は落ち着いて受検したので、大丈夫でした。
58Caddy
2010/09/28 17:45
ただ「安く済ませたい」みたいな気持ちでユーザー車検を選択する人も多いのでしょうね。
光軸といえば以前乗っていた某イタ車はリトラクタブルだったんですけど開閉させると光軸がすぐズレて大変だったっけ(笑)
私はカスタマイズしている車ばかり乗っていたのでここ10年ばかりはユーザー車検でした。
ささ
2010/09/29 12:35
さささん、こんにちは。
安くするために、ただ通すだけの車検も増えているようで、そういう人は点検整備もしないので、ぜひ路上エンコして途方に暮れてください(笑)
リトラの光軸あわせは大変だったようですね。あわせたら開閉させないのが鉄則と聞いたことがあります。
ユーザー車検も日頃の点検やメンテを怠らなければ、非常にいいシステムだと思います。自分で通せばメンテやらなきゃという気になります。
ユーザー車検代行が一番良くないですね。
58Caddy
2010/09/29 20:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ユーザー車検レポート 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる