〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャイロのホイールベアリング交換

<<   作成日時 : 2018/03/10 17:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

先週できなかったジャイロのベアリング交換をやっちゃいます。
先週できなかった理由は、まさかのベアリングを間違えて手配。
抜く前にサイズ違いに気が付いて良かった―。

ということで、まずは愛用工具の紹介です。今回はトルクレンチ。
実はもう1本持ってますが、出すのが面倒で・・・・

上から 180Nm(1/2), 100Nm(3/8), 50Nm(3/8), 25Nm(3/8) と各種取り揃えてあります。
そのうち、普段よく使ってるのが、一番大きいのと一番小さいの。


では、始めましょう。


ベアリングとシールです。
ベアリングはNTN 6201LLU C3/K5
シールは規格品なので、純正じゃないです。
前回、6201を注文したつもりで、6200を注文してました。


では、ベアリングを抜きます。そんなとき、ホントにあると便利なベアリング抜き工具。
ベアリング交換に専用工具なんていらない?ウソウソ。あった方がいいです。絶対あったほうがいい。
ベアリング抜きに限らず、プーラー系工具はホントに持ってた方がいいです。


セットして、クルクル・・・
最初にパキンッって音がして、あとは軽く抜けてきます。


抜けました。
抜けたベアリングは純正の片側シール。20年間お疲れ様!
ちなみに、用意したのは両側シールです。


反対側は、長い棒で叩いて抜きます。
プーラー使ってもいいんだけど。


古いのを抜いたら、新しいベアリングを嵌めます。
まずは、ホイール側を暖めます。穴径が広がって、嵌めやすくなります。


ちょうどいいサイズのソケットを当てて、叩き込みます。
ベアリングの外輪を嵌めるとき、内輪を叩いちゃダメですよ。絶対に。外輪だけ叩きます。15/16インチのソケットがちょうど良かったです。


そんなわけで、ベアリングを両側に入れたらおしまい。
バイクにホイールを取付けて、作業完了。


最後に、ブレーキワイヤの調整も忘れずに・・・


いつかやろうと思っていた作業が一つ片付きました。
スタッドレス用のホイールは交換したんだけど、夏用がまだだったんです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャイロの話が非常に参考になり拝見させていただいております。
私もジャイロキャノピーに乗っているのですが宜しければ、規格品のシールはどの様な品番の物が適合なのかを教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。
yone
2018/04/26 23:31
yoneさん、こんにちは。
こめんとありがとうございます。

キャノピーのホイールと同じかどうかわからないので、あくまで参考情報です。
NOKのVC20325を買いました。モノタロウで税別159円
シールのタイプがVCで、内径20mm 外径32mm 厚さ5mmです。
外径はベアリングと同じ。内径はカラーの外径と同じです。

いじるなら、パーツリストとサービスマニュアルを入手した方がいいですよ。
パーツリストにもシールのサイズが書いてあります。ベアリングの型番も。
58Caddy
2018/04/27 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャイロのホイールベアリング交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる