〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【69キャデ】ATFの漏れ対策とATマウント交換

<<   作成日時 : 2017/07/02 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 6

7月2日

キャデラック整備強化月間もいよいよ大詰め。
最近、整備が続いてる勢いを利用して、長年の懸案だったATF漏れを修理しちゃおう。


AT後方、ドライブシャフトが挿さってるところのオイルシールがダメで、ATFが漏れてます。
ATFのしずくが見えるでしょ(笑)激しくオイリーです。


新しいオイルシールと、下に見えるのがオイルシールリムーバー。


ドライブシャフトを抜きました。ATFが漏れてくるので、容器で受けます。


古いオイルシールは、破壊して取ります。整備マニュアルにも破壊して外すと書いてあります。
この作業を開始したら、後に引けません。進むしかありません。
しかし、なかなか外れません・・・・


取れたー!30分かかりました。
ハウジング側も傷だらけですが仕方ない。


傷を整えてから、新しいオイルシールを打ち込みます。ハンマーでトントンします。


ついでに、ATのマウントを交換することにしました。


ATをジャッキで持ち上げる必要あります。バイクジャッキがちょうどいい。
ジャイロの整備で大活躍してるジャッキですが、クルマの整備でも使えます。


古い方(左)は思いきり凹んでます。クッション性無くなってますね。
フレーム2箇所(両端)。AT2箇所の4本のボルトで固定です。


交換しました。
ATの場所がずれてしまい、ボルトと穴が合わず、苦労した。


ドライブシャフトを挿入するとき、なかなか入らず、途中で気持ち悪くなった。
そんな時はいったん休憩です。昼休憩。
休憩後、意外とすんなり入りました。
ということで、ATF漏れないでねー。


ATからスピードメーターケーブルが出てますが、外周とケーブル側の両方から漏れてる感じ。
とてもオイリーです。
前回の車検時、ここから漏れてる感じはなかったです。


引っ張って抜きます。ATFが漏れてくるので、容器で受けないと大変なことになります。


外しました。綺麗に掃除しますよ。


ギヤの方もシールを交換します。


ATのシールキットにOリングが入ってました。袋から出てるOリング、手前が新品。写真の真ん中にあるのが外したもの。


ギヤのシャフト側にもシールがあります。気が付かなかった。作業を見に来た友人のMさんの指摘がなかったら、そのまま組んでた。
手前の黒いのが新品シール。これもキットに入ってました。


新旧比較。色違いだけど、品番は同じですねー。


新しいシールを組付けた。これで安心。


取付完了です。


ということで、ATF漏れの対策をしてみました。
これで漏れなくなったらいいなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
炎天下での作業、お疲れ様でした。
プロペラシャフトのシールは壮絶ですね〜。後戻りできない緊張感が凄いです。
ミッションマウントもサイズの大きさにビックリ。どこをとっても作りが違いますね!
Miya
2017/07/02 22:55
Miyaさん、こんにちは。
昨日は、手伝ってもらって助かりました。
それにしても昨日は暑かった―。ほんと午前中はクラクラしました。

スピードメーターのギヤのところ。
Miyaさんが来なかったら、Oリングとかシールを交換しなかったかも・・・・

マウント、施工前と施工後の写真をよく見たら、真ん中の長四角の位置が全く違う。
施工前は落ちてきて飛び出てます。
次はエンジンマウントだなー。

ATの漏れはかなり改善すると思いますが、フライホイール側も若干オイリーなので、シャフトのシールだとしたら、ATを降ろしてOHするしかないです。悩ましいです。

58Caddy
2017/07/03 09:08
暑いのによくやるもんだ、、、
結局オイルシールリムーバーは出番無し!?
ミッションマウントって結構ヘタるもんなんですね。過去にベンツとBMWは交換した事あるのですが、エンジマウントはヘタるけどミッションマウントって見た目に劣化しただけってパターンが多いんですよね。
しかしメーターギヤ周りのシールの多さには閉口しますね。そーいやソコからATF吸い上げてメーターケーブルの潤滑にも使うってハナシあったような?無かったような?
次はエンジンマウントですか、、、エンジンクレーン要りますな。
ひらぽん
URL
2017/07/03 10:19
ひらぽんさん、こんにちは。
暑くても、やらないと終わりません(笑)
写真は、オイルシールリムーバーで破壊してボロボロの図です。
フチが浮いてきたところで、マイナス貫通ドライバーで叩いて内側に凹ませて密着を緩め、最後はオイルシールリムーバーでポコッと外す感じでした。
次回、もし数年後に交換するとしたら、その時はもっと簡単に取れると思います。

ミッションマウントのへたり具合、恐らく一度も交換されてないかも。
キャデがうちに来た段階でへたり切ってたと思います。
マウントはすぐに買ったんだけど、自信が無くて交換になかなか踏み切れなかった。
(オイルシールも自信が無くて、なかなか交換に踏み切れなかった)

メーターギヤですが、軸にスパイラル状の溝が切ってありますが、この車の場合は恐らく軸の潤滑だけかなー。

エンジンマウント交換にエンジンクレーン必要なの?
下からジャッキで持ち上げたら大丈夫か?と思ったんだけど・・・・
エンジンクレーン必要なら、やり方考えないと。
58Caddy
2017/07/03 14:04
あ、エンジンから生えてるブラケットに直接ジャッキ掛けたり、オイルパンの縁に角材引っ掛けてジャッキで持ち上げるって方法もアリですよ。オイルパンにジャッキ掛けると凹むけど、この方式なら大丈夫かと。ベンツもBMWもこの手の方式でやりましたが、馬鹿デカイV8は大丈夫なのかな!?一抹の不安はありますが、、、
ひらぽん
URL
2017/07/06 09:53
ひらぽんさん、こんにちは。
エンジンをバイクジャッキで持ち上げようかなー?と思ってました。
でも、オイルパン凹むのは確実でしょうね。
オイルパン外して、エンジンブロックを直接持ち上げちゃうとかね。

まあ、じっくりやり方を考えますよ。
58Caddy
2017/07/06 10:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【69キャデ】ATFの漏れ対策とATマウント交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる