〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS タイヤ交換、日曜日編

<<   作成日時 : 2017/02/13 00:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2月12日
さて、昨日に引き続いて今日はリヤタイヤを交換します。


例によって、プレス機をビードブレーカー代わりにして・・・・・


こんな感じでビードを落とす。
やっぱり、ビードブレーカー欲しいなぁ。


作業前に買えばよかったんだけど、手動のチェンジャー買おうかどうか迷っていて、チェンジャーにはビードブレーカー付いてくるので、無駄になるし・・・とか悩んでたんです。

結局、チェンジャー買わなかったんだけど、5千円ぐらいのチェンジャーは、真ん中の棒が太くてバイクのタイヤで使えなくて、ホイールを三方から挟む1万5千円ぐらいのタイプは最大16.5インチまで。なぜ17インチに対応させなかったんだ!
買っても結局使えなかったので、買わなくて良かったんだけど、ビードブレーカーを買うタイミングを失ってしまった。

ビード落とし、反対側を落とすのが難儀した。

それにしても、古くなったツーリングタイヤ固いです。
ビードをホイールの中に落とし込むのがポイントなんだけど、タイヤが広がって落ちてくれないので、タイラップで縛ってみました。


取れたー。あーしんどい。
もういや(笑)


ホイール単体でののバランスを確認後、いよいよタイヤをはめますよ。
タイヤをタイラップで縛りました。いいのか、こんなに変形して・・・・


とにかく、押し込みます。
ネットの情報では手で押し込める。タイヤレバーいらない。なんて言ってますが、手で押し込むなんてとてもじゃないけど無理です。このタイヤじゃ絶対無理無理。


最終的にタイヤレバー使って入れました。まあ、入ればいいんです。
でも、タイヤがはまってからが、予想してなかった出来事が・・・・

変形したタイヤの一部ががなかなか元に戻らず、ホイールとの間に隙間ができしまい、エアーを入れても入って行かないし、とにかく必死にタイヤのあちこちを押したり引っ張ったり、最終的にエアーを入れるだけで2時間かかってしまった(笑)
必死の作業で写真なしだけど、ホントにあきらめかけた。

ホイールの外周を荷締めベルトでグイグイ縛ってエアーを入れたら、やっと入ってくれました。


そんなわけで、遅くなったし、疲れ切ったし、まだ走りに行けてません。
次回は、万全の態勢を整えて、タイヤ交換しようと思います。

話は全く変わるけど、今まで見て見ぬフリをしていたサイドカウルを外そうとしたんだけど、このボルトが外れません。


ナット側が変な構造で回らないようになってるんだけど、ボルトが錆びているので、ナットと一緒にクルクル回ってしまう。
しかも、工具が入らない。

もう一か所、こっちも外れません。


もちろん、反対側(車体左側)のサイドカウルも外れません。
困った、困った。

ボルトを破壊して外すと、サイドカウルにも被害が・・・・
外す方法を考えます。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リヤタイヤ・・・こんなに残ってたらワタシまだ使うかも!?
しかしタイラップの圧縮でココまで縮ませられるんですね。。。タイヤレバー使わないに越した事は無いですが、ダメならプラハンでビート叩き入れるってのも手ですよ。
んでエア入れてもビートが立ち上がって来ない時は自転車のチューブをグルっと巻いたてエア漏れを押さえたりします。また、タイヤ外周にラッシング掛けて締め上げるってのもアリです。
タイヘンだったでしょうが、結果無事タイヤ交換完了おめでとうございます!
ひらぽん
URL
2017/02/13 10:51
ひらぽんさん、こんにちは。
フロントもリヤもほとんど減ってませんが、2003年と2006年製造なので、迷った挙句につかうのをやめました。
その気になれば使えたんですが・・・・

タイヤ外周に荷締めバンドでなんとか解決しましたが、そこにたどり着くまでが大変でした(笑)
予想通りというか予想を超えて大変でした。もうしばらくやりたくないです。
58Caddy
2017/02/13 12:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タイヤ交換、日曜日編 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる