〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ジャイロUP】 ノーマルの吸気系を試す

<<   作成日時 : 2016/10/29 18:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ジャイロのマフラーを純正互換のバッタモン製に交換したところ、ようやくまともに走るようになってきました。

ということは、今までいろいろやって走らなかったのは、マフラーの詰まりが原因の可能性が非常に高くなります。
そこで気になるのが、「ノーマルの吸気系を使うとどうなんだろう?」

メーカーが知恵を絞って開発し、厳しい試験もクリヤした吸気系が、ノーマル相当のマフラーと相性が悪いわけがありません。
そんなわけで、ノーマル吸気系を試してみようと思います。
左がインテークチャンバーで、右がエアクリーナー


吸気系が純正ノーマルとなるので、キャブレターのメインジェットを初期値の#65に戻します。


エアクリーナーが付きました。こうなるとむちゃくちゃ整備性が悪くなります。
パワーフィルターだと、ホントにいじるのが楽です。
左の丸い穴にインテークチャンバーが付きます。


ということで、試走に行きます。
まず、音が静かなのに驚きました。そして、走りの方もパワーフィルターと似たような感じで、しっかり加速してくれます。
今回はウエイトローラーは変更してませんが、ノーマル値に一度戻そうと思います。
いずれにしろ最終チェックは有馬街道ですね。

試走が終わってから、焼きついたボアアップキットを修理しました。
傷付いたピストンを棒やすりで削って傷を滑らかにして、紙やすりで整え、シリンダーはホーニング。


ピストンの排気側をドリルでザグッてオイル溜まりを作ります。
つい調子に乗ってたくさんザグッてしまった。
これで油切れを防げるか?


とにかく、この気難しいボアアップキットをなんとかして攻略してみたいのです。
でも、今週は組みませんよ。
明日は淡路島へ釣りに行くのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
整備性は落ちますが、排気系がノーマルなのであれば吸気系はやっぱりノーマルが一番かと。
ボアアップしても排気系がノーマルであれば吸気系もノーマルで。ジェット類は多少セッティングするにしても大きく変わらないかと。
でもそのボアアップキット自体は微妙な感じです。クリッピングポイントがなぜ63ccに留めてたのか?ってトコに何かあるんですかね?
ひらぽん
URL
2016/10/31 14:12
ひらぽんさん、こんにちは。
マフラーが詰まった状態では、パワーフィルターの方がセッティングが出ましたが、マフラーの詰まりが解消されたら、ノーマル吸気の真価が発揮できると思います。
とりあえず、ウエイトローラーも標準の重さも含めて色々試して、走りをチェックしようと思ってます。パワーバンドを今よりもう少しスピードが出たところに合わせたいんです。
それと、ノーマル吸気でのボアアップも試さないといけませんね。たぶんノーマル吸気だと焼きつくまではいかないと思います。
ボアアップキットはピストン径を64mmにしたかったということだと思います。
恐らくノーマルのシリンダーを元にして型を作り、できた鋳物を64mmにボーリングしているので、径を大きくすると各ポートの形状が変になるんじゃないかな?
64mmでも既におかしいかも。
ボアアップするなら、高いけどマロッシを買うべきなんでしょうね。
58Caddy
2016/10/31 22:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ジャイロUP】 ノーマルの吸気系を試す 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる