〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ジャイロUP】 パーキングロック

<<   作成日時 : 2016/05/24 12:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ジャイロUPはそのままで自立するのでスタンドがありません。
そのかわりに「パーキングロック」が付いています。

パーキングロックを作動させると、スイングとギヤが固定され、動かなくなります。
ところが、これが調子が悪くて作動しません。修理したいアイテムの中でも最重要課題です。

ハンドル付近にパーキングロックのレバーがあって、レバーを動かすとワイヤーが引っ張られ車体中央のジョイントケース内にあるスイングロックのレバーが動いてスイング固定。ワイヤーはそのまま後輪付近のギヤボックスまでつながっていて、ギヤボックス内のパーキングロックのレバーが動いてギヤをロックする仕組み。(文章にするとよくわかりませんが、自分の頭の中はちゃんと整理されてます。)

そんなわけで、まずは状況を確認してみましょう。ワイヤーの調整だけで修理可能なんでしょうか?
まずはスイングロックの確認。写真じゃよくわかりませんが車体中央です。


これはギヤボックスに繋がる後ろ側のワイヤーです。見るからに変な感じです。


ふたを開けてみました。やっぱり変だ。


たぶんこれが正解なんだけど、パーツが足りません。グロメットが無い。ゴム板切って自作しても良さそうな感じですが、手配しましょう。


そこから少し前方を見ると、ワイヤーがレバーから外れてます。そりゃスイングロックしないわけだ。レバーを動かしてみたらスイングロックがちゃんと作動するのを確認。よしっ!でも、ワイヤーをレバーに取り付けてみたけど、どうもうまく作動しない。全体的にワイヤーの調整が必要なようです。あとからパーツリストを見ると、割ピンで固定することが判明。なるほど。


次はギヤボックス側の確認。リヤサスペンションの向こう側です。それにしてもサスペンションとスイングアームが錆びてていやだな〜。


そして問題のパーキングロック。いかにもなフタがありますが、ワイヤ交換のためのフタ。あけてもたぶん解決しません。パーキングロックの復活にはギヤボックス内部にあるレバーを交換する必要があると思っています。


で、ネットで見つけたジャイロのギヤボックス内の写真。ありがたや。
ワイヤが引かれ右下のシャフトが時計回りに回転すると、その上のレバーが持ち上がり、ドライブシャフトを固定する仕組みですね。
調べてみると、パーキングロックが作動しないジャイロが多いようです。ワイヤーが戻りきらずに異音がしたまま走行すると、レバーの突起が摩耗してしまいロックできなくなるようです。


ということで、ガスケットとレバーは手配済みです。純正部品は部品共販とか2輪館へ何度も行って手配するのか?と思っていたら、WeBikeというサイトで通販してくれるので超楽ちん。品番を自分で調べて入力する必要があるのですが、そんなのちっとも苦になりません。

ギヤボックスの中もすごいことになってるでしょうから、きれいに灯油で洗ってピカピカにしようと思います。

最近サンデーメカニックが出来てなかったので、テンション上がります。
ジャイロいじり、面白すぎるぜ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【ジャイロUP】 パーキングロック 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる