〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【69キャデ】 ファンクラッチ(カップリング)交換

<<   作成日時 : 2015/08/02 15:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1969キャデラックが渋滞でオーバーヒート気味になる問題。

とりあえず、冷却系関係を見直してみましょう。


ラジエターは数年前に交換したばかりで新品同様。ホース類も問題なし。
ラジエターとラジエターサポートの間に大きな隙間がありますが、これはいずれアルミ板などを買ってきて塞ぎましょう。


ファンクラッチが問題なのでは?との情報があり調べてみた。ファンを手で回すとほとんど抵抗なく回るのですが、常温でフリー、高温でロックだから問題ないと思っていたらどうもそうでもないようです。よし、交換してみよう。


交換するには、あ〜なるほど。ナットを4個緩めれば外れますね。


ということで、部品が届きました。


安心のMADE IN USAです。


軸を回すとちょっと重いです。なるほどね。
そして、この軸はそのまま車に取り付けると錆びるパターンです。


ということで、炎天下で作業開始。


予定通りナット4個で外れました。


ファンクラッチからファンを外して、掃除して黒く塗装。


ファンクラッチに取り付けました。いいねぇ!


インストール完了!軸とフランジも黒く塗装しました。


はい、ナット4個、ボルト4個を緩めて締めるだけの簡単作業でした。


エンジンかけてみた。うわ!驚くほどすごい風!なるほどね〜。ファンが効いてなかったのね。
よし、これなら大丈夫だと思います。


いずれにしろヒート気味が改善するかどうかしばらく様子を見てみようと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
作業お疲れさまです。めちゃくちゃ暑くて危ないですよね! 私はエアクリの上に扇風機を置いて、パラソルで日陰を作って作業していました。

ファンクラッチは気づきませんでした!
思い出すと、エンジン始動直後のブオォー!という風音があまり無かった気がします。
間違いなくオーバーヒートは改善すると思います! 僕は電動ファンで発電不足というスパイラルにはまりました。(笑)
Miya
2015/08/04 21:39
Miyaさん、こんにちは。
パラソルの日陰は太陽の熱気を遮ってくれず、ほとんど無意味でした。
でも、ボンネットの下は比較的快適。鉄の威力はすごい(笑)

ファンクラッチは盲点でした。今から考えたら、最初からファンクラッチがダメだったんだろうな〜と思います。
交換後はファンが効いてる感じがハンパないです。グリルの前に立つとすごい勢いでエアを吸い込む感じが良くわかります。
今日、炎天下ハーバー付近の釣りMAXへ行ってみたのですが、安定感が一気に増した感じで、帰りの有馬街道も微妙に渋滞してましたが全く問題なしでした。
ドライバーの体力を無視すれば、夏の炎天下も大丈夫っぽいです。
エアコン復活へ前向きに考えることができそうです。

電動ファンは悩ましいですよね。発電不足が怖くて、なかなか取付できなかったんです。でもオルタがいい感じですね。プチ情報ですが、黄色い箱が新品。赤い箱がリマンなんですよ。
CS130がキャデラックに搭載できるなら、そっちにしようかな?今度比較させてください。
58Caddy
2015/08/05 14:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【69キャデ】 ファンクラッチ(カップリング)交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる