〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【工作】 AMラジオの製作

<<   作成日時 : 2015/01/26 12:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

うちの子が去年から電子工作したいと言いだしたので、正月にラジオを作ってみることにしました。

ラジオの基本と言えばゲルマニウムラジオとか、トランジスタを1個使った簡単なものなんですが、「子供の科学 2009年5月号」に載っていたICを2個使うラジオを作ります。ICを使うので簡単な回路で高性能のラジオができるようです。

回路構成は
バリコンとコイルの同調回路→ラジオIC「LMF501」→アンプIC「NJM2073」→スピーカ

という感じ。

年末に部品を調達したのですが、ラジオIC「LMF501」は生産中止で入手できず、代わりに秋月で売っていた「UTC7642」を使うことにしました。でもLMF501と同等性能というわけにはいかないようです。うまく出来るかな〜

正月休みに製作開始。部品だけ渡して自力で作らせても良かったのですが、見本を作りながら子供に真似させるような感じで2セット作ることに。
休み中に基盤だけは完成したけど、その後はドタバタして、しばらく放置。

その後自分の分だけ完成させたら「音が鳴らないorz...」
基板と回路図を見比べて、間違いを見つけて修正したら、同調回路で分離ができず「ラジオ関西」しか入らないなど、トラブル発生。

結局UTC7642は同調回路にアキシャルリードコイルを使ったらだめみたい。
東京へ行ったついでに千石でバーアンテナ(BA-200)などを調達。

基板からアキシャルリードコイルを外してバーアンテナに変更したら、ラジオ関西、NHK第一、NHK第2、ABC、MBS, OBCが入るようになりました。

と、ここまで確認してから子供のラジオを仕上げ。昨日やっと完成しました。
画像


容器は100円ショップで3個で108円。
中の配線はこんな感じ。
バーアンテナとスピーカはホットボンドで固定してます。
画像


基板はこんな感じ。
画像


そんなわけで、初めて作ったラジオがちゃんと鳴ってうれしいみたい。
他にもいろいろ作ってみたいようなので、また作ったら紹介します。


覚書
「UTC7642を使うときは、バーアンテナ必須です。」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電子工作は、通電前の緊張感がたまらないですね!
アンテナは専門ノウハウですね〜。
知らなかったら絶対にハマるポイントだと思います。
Miya
2015/01/28 20:32
Miyaさん、こんにちは。
最初、LEDは光るものの全く鳴らなくて、基板と回路図をにらめっこしたのですが、間違ってないと思い込んでいたこともあり、なかなか間違いを発見できませんでした。
結局GNDが3分割されてました(つなぎ忘れ)。鳴るわけない。
基板を直した後のの同調で分離しないのには困りました。

検索してもLMF501の製作記事はたくさんヒットするものの、UTC7642はヒット数が少なくて、役に立つ情報がなかなか見つかりませんでした。
ラジオを作る人も減ったんでしょうね。
58Caddy
2015/01/28 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【工作】 AMラジオの製作 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる