〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【DIY】トイレ交換

<<   作成日時 : 2013/01/19 22:12   >>

トラックバック 1 / コメント 2

ウォシュレットが不調になったのでトイレを交換しました。
もちろん自分で交換しますよ。

交換前のトイレ。慣れ親しんだ風景もこれも見納めです。
画像


床の模様はこんな感じで微妙。正直言って、この床はあまり好みじゃなかったです。
画像


トイレを撤去するには、とにかく水を抜く必要があります。
画像


上を取り除きました。トイレって汚いイメージですが、実際には激しく汚れているわけではありません。
画像


中の水はポンプでバケツに出します。ポンプはホームセンターで80円で買えます。100円ショップでも売ってますが105円もします。
しかしこのポンプは便利ですね。何度かシュポシュポして流れ出せば、あとは放っておくだけです。
画像


便器を撤去しました。便器が設置していた部分が激しく汚れているので塩素系のトイレ洗剤できれいに掃除します。
排水アジャスターも取り外します。
画像


クッションフロアを準備します。色々考えた結果、フローリング風で明るめの色にしました。
トイレで使うので、ちょっと値段が上がってもいいので抗菌・防臭タイプを選びました。
画像


幅が184cmもあるのでトイレには幅が広すぎます。縦に半分に切ります。
長さ2mで注文したのですが、届いたものは3.4mもありました。
画像


早速トイレに貼りましょう。
画像


クッションフロアを貼るには、両面テープとクッションフロア用接着剤の2種類から選びます。
接着剤で貼ってみることにしました。
画像


クシ目ベラで塗り広げます。
ちなみに、古いクッションフロアははがさないでその上に貼ることにしました。はがすとごみになるので・・・・
画像


こんな感じでどんどん塗り広げます。
画像


貼りました!しかし初めてやっただけあって、下手くそです・・・・orz....
正直、なかなか難しかったです。
画像


排水アジャスターを組み立てます。排水芯を200mmに変更しようとも考えましたが、アジャスターを使うことにしました。
この時の寸法次第でトイレの位置が決まってしまうので、慎重に位置決めします。
画像


排水アジャスターの組立には塩ビパイプ用接着剤が必要です。余った接着剤の使い道はありません。
画像


組み立てて設置しました。
画像


便器を設置。ここまで来たらあと少しでトイレに行けます。もう漏れそうでやばいよ。
画像


止水栓を交換しました。交換するには、水道の元栓を止めないととんでもないことになります。
画像


上側を取り付けました。自動でフタが開いて「いらっしゃ~い」ってやってくれます。
この機能便利なのか?と思いつつ、せっかくだからと自動開閉のトイレを選びました。
画像


閉じたらこんな感じです。
画像


この後、リモコンを取り付けて、試運転をおこない完成!

なかなか面白い作業でした。
新しいトイレ、いいですよ~
床が新しくなったのもうれしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【DIY】 トイレのリフォーム
2013年にトイレをDIYリフォームしました。 ...続きを見る
〜駅弁紀行〜
2015/06/11 11:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
学生時代に設備会社でバイトしました。
ユニットバスやトイレの組み立てでしたが
見栄えの仕上げは当然やらせてもらえず(ユニットバスのパネルのコーキングはやりましたが)。

塩ビ接着剤も使いました。
懐かしい!
marusuke
2013/01/20 08:40
marusukeさん、こんにちは。
面白そうなバイトですね。
そんなバイトをもしやっていたら、そのまま職人になったかもしれません。

見栄えの仕上げは重要ですよね。お客さんが文句言ってきますから。

入居する際に家をリフォームしたんですが、毎日見に来て差し入れ&挨拶しながら、職人の技を盗んでました(笑)

塩ビ接着剤、次使うのはいつだろう?
58Caddy
2013/01/20 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【DIY】トイレ交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる