〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ショック交換はショックの連続・・・・【追記あり】

<<   作成日時 : 2012/09/23 22:46   >>

トラックバック 1 / コメント 2

さあ、今日は張り切ってショック交換だ!
ネジ18個外して締めるだけだから、あっという間劇場のはず!
さくっと交換しちゃいましょう。
画像


後輪を持ち上げるときは、前輪に輪止めを忘れずに!死んでから気付いたんじゃ遅いからね。
画像


デフを一気に持ち上げてアクスルにウマをかけます。万が一に備えて、ジャッキも当てておきます。
画像


リヤのショックのロアー側にはスリーブが必要です。このスリーブ、定価525円とボッタクリー価格ですが、仕方なし。カタログに「取り付けには[PJ001]が必要です(別売り)」って書いてあったので一緒に注文したのですが、届くまでPJ001が何かわかりませんでした。
画像


さて、ちゃっちゃっと外して・・・・あれ・・・・えいっ・・・・
体勢を変えて、やー・・・・
だめだ・・・・

ナットが緩みません。必殺兵器ブレーカーバーでも緩まないナット・・・・

仕方がないのでエアーインパクト登場!久々の登場です。
うちにはこんなものもあります。めったに使わないけどね〜
最後に使ったのは69キャデラックの初回登録前だから、随分前です。
画像


ホースをつなぎ、キュルルルルン、キュルルルルンとカラ回しして回転方向を確認し、それでは本番・・・

ダダダダダダダダダダダダダダ・・・・・・
むなしく音が響くだけ。ナットはびくともしません・・・・orz.....

エアーインパクトで外れないって、どうしたらいいの?

こうなったら力技しかありません。トルクを稼ぐためにブレーカーバーを延長すればいいのです。
よしっ!何かいいパイプは無いかな?

そういえば先日鉄パイプ買ったばかり。と頭をよぎるけど、あれは無理だな〜

あ、アルミ油圧ジャッキのハンドル・・・・

えいっ!「パキッ」 緩みました!
緩めばこっちのもん。

外れました。お決まりの新旧比較
画像


ロアー側にスリーブを入れて、
画像


ハイッ!取り付け完了。
画像


反対側はあっという間に作業完了!
画像


でも既にヘトヘト。仰向けの作業が実は苦手で、気持ち悪くなるんです。
ということで、休憩。

休憩しながら外したショックを見て、あれ?
こうやって縮めて置いておくと、
画像


目を離したすきに、こうなります。誰?いたずらしたのは?
画像


片方だけ勝手に伸びるようです。どっちが正解?ちなみにモンローは縮んだままです。

さて次はフロント側を交換します。
でも、フロント側は正直メンドクサイ。
だって、アッパー側はラチェット使えないんだもん。
画像


でも、付いた!いや〜疲れる・・・・手が痛いし・・・・
画像


反対側〜と思って箱を開けたら、こんなん出てきた・・・・orz.....
画像


え?なになに?加工が足りないんじゃないの?
画像


これと比較してみよう。
画像


つまり、カバーの部分は本当ならばシャフトと溶接で固定された上に塗装してあるわけですが、これって不良品?

それにしても微妙な結末・・・・
フロントは片方だけモンローという状態で、作業が終わらなかったのが痛い・・・・

【10/7 追記】
ショックは不良品じゃないことがわかり、無事に取り付け完了しました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
続ノアのショック交換
ノアのショックを交換しようと思ったら、フロント側の片方が不良品なの?どうなの? ...続きを見る
〜駅弁紀行〜
2012/10/07 17:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えぇ〜! ラストの展開は予想を超えてました。(>_<)
ショッキングにも程があります。
僕もこの前、ドラムブレーキのセルフアジャスターでハズレを引いたり、AT破損事件もあったので、今度からは届いたらすぐに検品しようと思います。

Miya
2012/09/24 22:55
Miyaさん、
今回は箱を1個づつ開けて検品したんです。まさか不良品が入ってるって思わないし、日本で調達したし・・・・
これ、1年後に発見してたらどうしたらいいの?
自分で溶接してスプレーで塗って使うんだろうな〜(笑)

ということで、すぐに検品は大事ですね。
58Caddy
2012/09/24 23:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ショック交換はショックの連続・・・・【追記あり】 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる