〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【男の料理】 マスの燻製

<<   作成日時 : 2012/08/29 23:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回は「男の料理」シリーズです。

夏休みに釣ってきたマスは、そのまま冷凍保存してありますが、全部塩焼きで食べるのもどうかなぁ・・・ということで、燻製を作ってみることにしました。前からやってみたいと思っていたので、いい機会です。

解凍されて準備オッケーのマス2匹
画像


エラを取り除き塩をすり込みます。エラは手で取り除くのが楽でした。最初、ナイフで取ろうとしたら大変でした。
画像


キッチンペーパーで包んで、冷蔵庫で12時間。
画像


かなり水分が抜けました。水洗いをして塩をまぶし、もう一度冷蔵庫へ・・・・
画像


数時間後に冷蔵庫から取出し、水洗いしてキッチンペーパーで水を良く拭き取ります。
塩抜きをした方がいいという情報もありますが、とりあえず今回はそのまま行きます。
タコ糸を通して、おなかは爪楊枝で開きます。
画像


燻製ボックスに吊るしました。完成まではここから5時間以上。
画像


いきなり温度を上げないように、最初の1時間で30℃〜40℃になるような勢いで・・・・
画像


かなり生っぽさが無くなりました。実は、目を離したすきに温度がちょっと上がりすぎてました・・・・
画像


さらに煙でいぶしていきます。最終的には70℃〜80℃程度まで温度を上げます。
画像


最終段階です。下でくすぶっているスモークウッドが燃え尽きたら終わりにします。
画像


燻煙が終わり、新聞紙とキッチンペーパーの上で粗熱を取ります。
画像


どうですか?なかなかうまくできたのでは?
画像


燻製作りはなかなか面白いですよ。
でも、まずは食べてみないとね〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
美味しそうですね〜! 燻製って、料理のなかでも、時間はかかるし大変で、高級なイメージがあります。
BBQの時に、いつも燻製をセッティングしてくれる友人がいるのですが、BBQ終盤で燻製を思いだし見てみると、かなり初期に鎮火してたようで、寒すぎて爆笑したことがあります。
Miya
2012/08/30 15:32
Miyaさん、こんにちは。
この2尾は塩漬けしすぎてしまい、ちょっと塩辛い燻製になってしまいました。食べると燻製らしい香りが広がり、美味しいのですが、そのまま食べるには塩辛いです。
ご飯のお供・お茶漬け用ならちょうどいいかも。
ちょうどいい塩梅というのは難しいです。
BBQの時の燻製だと、ソーセージとかチーズを高温で10分程度で一気に燻煙してしまう「熱燻」が良さそうですね。
今回やってみた「温燻」は5時間以上かかるので、BBQだと終盤になってしまい、盛り上がりに欠けるかも・・・・
いろいろ調べてみると、奥が深くて面白い世界です。
58Caddy
2012/08/31 12:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【男の料理】 マスの燻製 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる