〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンFE

<<   作成日時 : 2012/04/10 15:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

日曜日に京都の清水寺へ行ってきました。

フィルムカメラはニコンFEを持って行ったのですが・・・・・・
画像

いきなり軍艦部をあけて分解中。

「え?何で?」

清水寺でフィルムを撮り終わり、巻き戻してフィルムを取り出そうと巻き戻しレバーを引き上げたら・・・・

「あれっ?あっえっ・・・あ゜〜」

裏蓋が開かない・・・・ レバーも上がったまま引っかかって下がりません・・・・
そのままお持ち帰り。

それにしても、なんとかしないとフィルムも出せません。困った困った困った状態・・・・
このカメラは昭和55年に購入してからずっと大切にしてきた宝物なので、意地でもなんとかしなければなりません。

そんなわけで、分解してフィルムの救出とカメラの修理を試みたのです。ハイ。

軍艦を開けたら裏蓋のロックレバーが見えるので、これをドライバーなどでグィッと上に持ち上げれば裏蓋が開きます。
画像


救出したフィルム。コダックエリートクロームExtraColor。これで現像ができます。
画像


さて、今回の不具合はどういった症状だったのでしょう?図解で説明。わかるかなぁ・・・
画像

左の絵が通常の状態。このまま巻き戻しレバーを引き上げたら、裏蓋のロックレバーも引っかかった状態で上がり裏蓋が開くのです。
ところが、今回は右の絵のように、ロックレバーがうまく引っかからずに、巻き戻しレバーが乗り越えるような感じで上がってしまいました。
下げようと思ってもロックレバーがひっかかり、下がらない状態に・・・・

実際のものはこんな感じ。
これが巻き戻しレバー側。引っかかり代が小さい。
画像


これはロックレバー側。
画像


なんとか事なきを得ましたが、一時は途方にくれました。
症状が部品が折れたなどの修復不能な状態ではなかったので、ホントよかったです。


〜筆者注記〜
・ 写真はフィルム救出後に撮影しています。
・ カメラの分解・修理方法についての質問はお断りします。
・ 素人によるカメラの分解修理は、決してお勧めしません。無謀な挑戦はやめて専門業者へ依頼ください。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
事なきを得たようで何よりでしたが、これはショッキング!
そしていつもながらこうして分解してしまう58Caddyさんの技術に酔いが覚めます(本当に♪)

私は意味もなくF4のファインダーをパカっと外して眺めてるのが、せいぜい(^^;
昇り龍
2012/04/10 21:58
説明図解まで作成されるとは、なんとも丁寧なブログ(^^)
車の修理からカメラの修理までこなす、プロのメカニックですね♪
Toshi
2012/04/11 00:08
昇り龍さん、こんにちは。
正直、かなりショックでした。日曜日に帰宅してから修理を試みましたが、最悪裏蓋破壊?なんてことも頭によぎりましたからね・・・・
冷静に火曜日に修理して正解でした。
F1桁のファインダーって、意味もなくパカッと外したくなりますよね。ブロアーで吹いて、無意味にスクリーンをとっかえひっかえしたりして、ニヤニヤ。
それも楽しいです。
今回の修理は、終わった後どっと疲れました。
58Caddy
2012/04/11 09:55
Toshiさん、こんにちは。
今回の不具合はちょっとショックでした。FEお蔵入り?なんて考えたし・・・
ToshiさんのFM3Aを見て、FEを使う気になったんですが、実際に使うと非常に使いやすいので、しばらく35mmのメインにしようと思っていたのです。
老眼対策でメガネを外して作業すると、むちゃくちゃ疲れましたが、無事に修理できて良かったです。
趣味は何ですか?と聞かれたら「修理」と答えていた時期がありました(笑)でも本物のプロにはかなわんな〜って思います。
58Caddy
2012/04/11 10:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニコンFE 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる