〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗面台 混合シャワー水栓の交換

<<   作成日時 : 2011/10/15 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回はDIYネタです。

洗面台の混合シャワー水栓の調子が以前から微妙に悪かったのですが、シンク下の水受けタンクにかなりのペースで水がたまるようになったため、交換することにしました。

これが、混合シャワー水栓。これを今から交換します。シャワーと普通の切り替えが、ゴムの劣化で扱いにくくなったり、磨いてもきれいにならないし、がんばればまだ使えるとは思いますが、交換タイミングでもあります。
画像


シンクの下。タンクに水がたまっているのがわかりますか?問題の無い時は1年以上水がたまらなかったのに、急にあふれるようになった。毎日水を捨てないとダメな状況。
画像


取り外しました。
画像


外した混合シャワー水栓。
画像


新しい混合シャワー水栓を取り付ける前に、穴をきれいに掃除します。
画像


いろいろとゴニョゴニョして、取り付け完了。
画像


実は、新しい混合シャワー水栓の取り付け穴径は36mmなんですが、実際の穴径は47mmもありました。ガーン。
穴径を変更する部品も注文すれば手に入りますが、届くのが数日後になるため、今回はドーナツ型のスペーサーを自作しました。
今回の作業で一番時間がかかって大変で疲れたのが、このスペーサーの自作でした。

あと、この作業のポイントとしては、交換後の水漏れチェックをしっかりやることです。これを怠ると水浸しになって大変なことになります。


【注意事項】
このブログを見て、「簡単そうだ。自分でもやってみよう。」と思ってもかまいませんが、あくまで自己責任でお願いします。作業中の怪我や水漏れで水浸しになるなど、いかなる損害に対しても一切責任は負いません。
業者に工事費払って工事してもらうのが確実ですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカに引っ越したときに浄水器をつけるため格闘しました(笑)
コレもアメリカで買えばよいのに日本製のが良いだろうと、日本から持っていったのが失敗だったのですが。。。

工具は日本から来る前で融通利かないし、主に使われる部品の大きさもたぶん日本製ならこの位の大きさだろう的な経験則が通じないし、今思い返すとそもそもアメリカはインチかも???
ホームセンター2往復位してやっと取り付け終了。。。

「日本では有資格作業ですが」このアメリカのホームセンター、現地テレビCMではDIYで、住人が普通に電気配線工事をやって屋根裏で線がつながって明かりがついて握手しあうという内容、国によって違うもんだなーと思いました。

まあ、車検もDIYも法令や技術の面から自分でできるかをきちんと確認した上で、ということですね。
marusuke
2011/10/16 20:56
marusukeさん、こんにちは。
水道の規格はアメリカと日本で全く違うので、アメリカのおしゃれな蛇口や洗面台を日本に持って帰って大変だったとか、逆もありますよ。

アメリカはDIYの国なので、ホームセンターで売っているものが日本とは違いますね〜
ところで、そのホームセンターはHome Depot? それともLows?
58Caddy
2011/10/17 20:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
洗面台 混合シャワー水栓の交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる