〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 修理

<<   作成日時 : 2011/01/31 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

娘が不注意で洗濯物干しを壊した。
しかもよりによって、うちで一番使い勝手のいいやつを・・・・
ホームセンターやスーパーでも似たようなものは売ってますが、意外と使いやすさに差があるもので、買いに行ってちょうどいいものが見つかるケースはほとんどありません。

問題の折れた部分は折りたたみ部分の付け根。要の部分なので、基本的には修理不能。
それ以前に、この手の製品は折れたら終わりなんですが、今回は意地でも修理してみようと思います。
画像


どうやって修理するか、実物を前にしばし考えて方法を決定。決まればあとはやるだけです。

広告などの紙で現物から必要な形を写し取って、その形にあわせてステンレス板を切り出します。
画像


穴を開けてリベットで固定して完成!
画像

画像


なかなか楽しい修理でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんとしても修理してやろうという気概が伝わってきました(^ ^)
プラスチック製品は、折れたら基本的に終わりですよね♪
Toshi
URL
2011/01/31 01:19
この素材って接着剤の類いが全滅なので普通だと諦めちゃいますよね。
でも、使い勝手が良いものをなんとなか甦らせたいという気持ちはわかります!我が家では同じような状況で物干セットを延命させてます(^^
ささ
2011/02/02 00:54
Toshiさん、こんにちは。
折れ方によっては修理は不可能なんですが、今回はなんとか修理できました。
最初に見たときは、「絶対無理」と思いましたが、分解して観察することで突破口が見つかりました。
趣味が「修理」なので、面白かったし楽しめました♪
あると便利だけど使うチャンスもあまりない「リベッター」も大活躍したし(笑)
58Caddy
2011/02/02 10:41
さささん、こんにちは。
実はポリプロピレンが接着できる接着剤が「アロンアルファ」から出ています。プライマーを塗ってしばらく放置した後、瞬間接着剤で貼り合せるのです。
でも、面接着には使えても細い部分同士の接着には向かないですね。
子供がミニ四駆のコース(ポリプロピレン)を踏んで割った時にこの接着剤を買ったのですが、役立たずでした(笑)
洗濯物は乾く前は重いので、接着剤ではとても無理と思い、最初は修理不可と判断しました。
でも、よりによって「いちばん壊れて欲しくないもの」が壊れたと言うので、あきらめずにがんばりました。
こんなに楽しい修理は久々でした。
58Caddy
2011/02/02 10:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
修理 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる