〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・ブッシュ交換

<<   作成日時 : 2010/12/06 11:13   >>

トラックバック 0 / コメント 6

#いただいたコメントへの返事が遅れており、大変申し訳ありません。


さて、昨日の速報日記でお伝えしましたが、ノアのスタビライザーバーブッシュを交換しました。
1個交換が終わった時点で、「もう嫌〜ん」となりながら携帯でアップしたわけですが、その辺の顛末と続きです。

昨日、ブッシュ交換するぞ〜と意気込んで作業を開始したわけですが、キャデラックでも交換したことがある部品で、正直難易度は高くない作業です。ボルト2個緩めて、ブッシュを交換して、ボルト2本で締め付けるだけですから・・・・

まずは、状態がひどい左のリヤ側から交換開始。タイヤの裏側なので、いそいそとジャッキアップ。タイヤを外して、ブッシュのボルトを均等に緩めていったわけです。
しっかり締め付けられているボルトですが、特に固着しているわけでもなく簡単に緩めることが出来ましたが、なんとなく嫌な予感。

均等に緩めなきゃいけない時点でピンときたかもしれませんが、ハイその通り。かなりのテンションがかかってるわけですよ。外すのは簡単だけど、取り付けは難儀するパターンですね。
案の定、ブッシュが外れたらスタビライザーバーとボディの間隔は5cm以上に広がりました。

ちなみにこれが取り付け部分です。(右リヤです。)写真ではボディ側取り付け部とスタビライザーバーはかなり接近していますが、これが5cm以上に広がってしまうとどうにもなりません。スタビライザーバーは「バネ」なのですが、リヤ側のスタビライザーバーの直径は20mm。人間の力でどうにかなるレベルじゃありません。
(追記:いや、これ語弊があるな。スタビライザーバーがバネじゃなくても同じだ。ロアアームとドラムブレーキが重い上にコイルバネが広がろうとするので動かないのが正解ですね)
画像


でもね、対策は簡単。ジャッキアップして、サスペンションが限界まで下がっている状態なので、ジャッキでサスペンションを持ち上げればいいのです。しかし、肝心のジャッキは車を持ち上げるのに使ってますよ。
いつも使っている油圧ジャッキとウマがあればいいのですが、あれはキャデラックのトランクの中で、キャデラックは実家に置いてあります。取りに行くのは面倒だ。いや、後から思えば面倒でも取りに行くべきだった・・・・

ということで対策その2。サスペンションがボディに対して下がっているのが問題なので、タイヤを付けてジャッキアップをやめればいいのです。がんばれば何とかなりそうなレベルに近づきました。この問題点は作業スペースが異常なほど狭くなることなんです。無理な体勢で必死に作業・・・・
しかし、なぜかボルトが届かない。。。。だんだん気持ち悪くなってきました。

よし、対策その3。スタビライザーバーをジャッキで持ち上げよう!
しかし、車載ジャッキをいっぱいまで上げても、ぎりぎり届く程度。ジャッキの下にかさ上げしてようやくスタビライザーバーが持ち上がりました。ちなみに上の写真はバーが持ち上がった状態ですよ。
ジャッキでスタビライザーバーを持ち上げるの図(これも右リヤ)
画像

ここまでやって、ようやくボルトが取り付けできました。キャデラックに積んである工具があればもっと楽だったと後悔しても後の祭り。1個交換するだけで、「嫌〜ん」状態でした。

その後気を取り直して、右リヤとフロント2個も交換。右リヤは事前の段取りが功を奏し、かなり楽勝で交換できました。右リヤのブッシュはまだ使えそうな雰囲気でした。
画像

ひどかった左リヤのブッシュは、残念ながら写真を撮る前に溝のふたの隙間から溝の中に落としてしまいました。厚さ10cmぐらいあるコンクリート製のフタでびくともしません。新品を落としたら必死に取りますが、あきらめました。はい、さいなら〜
このブッシュですが特殊素材というかただのゴムではありません。圧力がかかると「ロウ」がにじみ出てくるのです。写真の白いのがロウです。特にグリスを塗っておく必要はありません。

フロントのブッシュは、右がボディに当たる側が裂けてました。
画像


今回はスタビライザーバーリンクのブッシュは交換しませんでした。しっかり準備をすれば簡単な作業なので、近いうちに交換しますよ。

ついでにエアクリーナーも交換しました。車検前に確認して、近いうちに交換しようと思っていました。
画像

ちなみに、これぐらい汚い方が「清浄効率」は高いんですよ。新品の清浄効率はどうしても落ちます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
うわ!大変でしたね〜
おつかれさまでした!
部品の場所がそもそもわかりませんでした。
調べて納得しました。
一つ勉強になりました!
放水銃
2010/12/06 13:12
放水銃さん、こんにちは。
もっと引いた状態の写真があったほうが良かったですね。
また追加で作業があるので、わかりやすい写真を撮っておこうと思います。
1個で嫌になりましたが、残りの3個は大丈夫でした。
58Caddy
2010/12/06 20:50
はじめまして。なかの@高岡といいます。
作業お疲れ様でした。
私はスタビリンクが気になっております(ゴトゴト音が酷いため)
気温が寒くなり根性が無いためディーラーへ持ち込み、左フロントのリンクASSY交換となりました。
金額は技術料込み12,000でした
フロントとリアの交換作業にチャレンジしたいと思っておりますので、良ければスタビリンク交換の画像をアップお願いします。
よろしくお願いします。

なかの@高岡
2010/12/06 21:52
なかの@高岡さん、こんにちは。
Dラーでは左フロントのリンクassy交換で\12,000なんですね。まあ、妥当な金額だと思いますよ。
スタビリンクのブッシュ交換は、記事にも書きましたが「近いうち」に交換予定です。年末はなにかと忙しいので、いつになるかわかりませんが、実施したらブログへアップします。
ところで、左フロントはDラーにやってもらったので、右フロントと左右リヤを自分で作業されるということでしょうか?すごく違和感を感じてしまいました。Dラーが問題ないと判断した部品を交換するのですよね。
それとも\12,000がもったいないから、部品だけ注文して自分で交換するのでしょうか?
いずれにしろ、自分で作業されるのはいいのですが、作業中にっちもさっちもいかなくなれば不動車です。スタビライザー無しで公道を走るわけにいかないでしょうから、レッカー車にDラーまで運んでもらうという追加料金が必要になりますよ。レッカー代をケチって無理に走行すれば、他の部品も壊れて被害がどんどん大きくなるばかりか、事故ってしまうと場合によっては保険も出ませんよ。
なかのさんの作業スキルが不明なので、脅かすようなことを書いてますが、なかのさんが不幸にならないよう心配しているだけですので、お気を悪くなさらぬようお願いします。
58Caddy
2010/12/06 22:57
ご忠告ありがとうございます。
逆に気分を害されたのではと思いました。
申訳ありません。
なかの@高岡
2010/12/08 19:40
なかの@高岡さん、
コメントで驚かせてしまったかもしれません。ごめんなさい。
私の方はなかの@高岡さんのコメントで気分を害してませんので、その点はご安心ください。
クルマの整備は命がかかってますので、挑戦するにしてもくれぐれも慎重に・・・という思いで書いています。
私が車の整備をするときに気をつけることは、作業部分の構造・仕組みをよく調べ、作業内容をイメージトレーニングします。実物を見ながら順番等を考え、手順も頭の中に完璧に入れます。その上で自分の中で「よし大丈夫!」と思えたら実際の作業に取り掛かります。作業によっては半年以上取り掛からない場合もあります。当然、必要な工具や道具も作業前に準備しておきます。
ここまで準備しても、実際の作業では予期せぬ問題が発生します。しかし、作業内容を理解した上での問題発生なので、対処することが可能となります。
下準備なしで作業にとりかかったら、とんでもないことになる可能性もあります。
また、専用工具を準備せず強行した結果怪我をしたこともあり、安全には特に気を使うようにしています。
ということで、スタビライザーリンクは自分の目でよく観察し、どんな力がかかっているか、実際に外すとどうなるかを考えてみることをオススメします。
いろんな角度から写真を撮って、パソコンの画面で見ながら考えてもいいですよ。自分で考えることで、将来応用が利くようになりますよ。
あと、整備に関する解説本を買って勉強しておくのも役立ちますよ。
私は整備士の学校で実際に使っている教科書を入手したりしました。
あと、私の69キャデラックの整備記録を見ると、参考になるかもしれません。
では。
58Caddy
2010/12/08 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続・ブッシュ交換 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる