〜駅弁紀行〜

アクセスカウンタ

zoom RSS パワステギヤ

<<   作成日時 : 2007/10/11 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0



先週末、土曜と日曜にかけて、69キャデラックのパワステギヤボックスを交換しました。





重い部品なので、作業中に怪我をしたり、他の部品を壊す可能性もあり、作業前の検討が重要です。


いろいろ調べた結果、





・フレームにボルト3本で固定


・油圧配管2本 高圧側、リターン側


・ピットマンアーム(まずは、センターリンク側を外す)


・ステアリングコラム





を外す必要があり、その際ジャッキ等でギヤボックスを下から支えておかなくてはなりません。





外し方も頭に入ったところで、実際の作業。





車体を持ち上げ、タイヤを外して作業開始。





以前、センターリンク・タイロッドを交換した際、ピットマンアームとセンターリンクの結合部を外そうとして、怪我をしてしまいました。


今回は、専用工具を購入したので、早速使ってみたところ、簡単に外れて拍子抜け。





油圧配管のうち、高圧側は以前ホースを交換しているので、比較的簡単に外れましたが、リターン側が全くダメ。


そこで、リターン側の配管を車体から外し、配管ごとギヤを外すことにしました。





コラムとの接続はボルト1本なのですが、作業性が悪い。





ギヤボックスをフレームに固定しているボルトは、予想通りものすごいトルクで締まっており、普通の工具では外せません。


エアインパクトを使いたい場面ですが、今回は長いハンドルを使います。通常のラチェットレンチの2倍以上の長さがあり、狭いところには不向きですが、いざって時に重宝します。


渾身の力で、緩みました。





ということで、土曜日の夕方から作業を開始した割には、意外と簡単に明るいうちに外れました。(1時間ちょっとか?)





激しく漏れた原因は、ピットマンシャフトのシールを押さえるリテーナが外れたため、シールが飛び出してしまったからという、予想外の展開。





しかし、シールがピットマンアームまで飛び出しており、隙間がないため、ピットマンアーム抜きが入りません。


ピットマンアームは、外して新しいギヤボックスに取り付ける必要があり、何としてでも外さなければなりません。





リターン側の油圧配管も、フレアナットが固く締まっており、手では全く緩まず、仕方が無いので足の力を利用して外しました。





土曜日はここで終了。作業内容の写真付きまとめは↓こちら↓


http://www.geocities.jp/cad1958sdn/1969-071006.html







土曜の夜は、ギヤボックスの構造を調べて、分解方法を検討。


日曜は朝から分解作業。


結局、中途半端に分解したところで、シールを無理やりこじってスキマを作り、ピットマンアームの取り外しに成功。





ピットマンアームが外れたら、新しいギヤボックスに取り付けて、車に取り付けるだけなんですが・・・・





車の下にもぐって、コラムのシャフトにスプラインを挿入するんですが、何度試しても入りません。





15キロぐらいあるギヤを両手で持ち上げながら、斜め上方向に押し込む必要があるのですが、その時、


スプラインの向きと挿入角度が一致しないと入らないんです。





結局、午前中はここで断念。





午後になって、上からひもで吊るす準備をしていたら、助っ人登場。


近所の72サバーバンです。





結局上からひもで引っ張ってもらいながら、挿入に成功。





その後も、いろいろ細かい部分を手伝ってもらい、比較的問題なく取り付け完了。


あとは、ピットマンアームとセンターリンクを繋ぐだけ・・・・





と、思ったら、問題発生。





センターリンクがオイルパンに当たって、持ち上がらないので、ピットマンアームの穴に挿入できないと言う状況に・・・・・





仕方が無いので、タイロッドエンドを外そうと思ったら、専用工具が見つからない・・・・





最終的に、必死にがんばったら入った。








あとは、パワステ液を入れて、エア抜きをするだけ。


しかし、やり方を忘れていて、エンジンかけたらとんでもないことに・・・・





冷静になって考えると、正しくは、エンジンをかけずに、ハンドルを回すだけなんです・・・・





ということで、無事にエア抜きも完了。





マフラーからの煙も、巻いてあったアルミテープを取り除いた所解消。





これで、しばらくは安泰か?


いやいや、ユニバーサルジョイントが残ってます。





日曜日の作業の様子のまとめは↓こちら↓


1969 Cadillac Maintainance Recoed









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パワステギヤ 〜駅弁紀行〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる